WordPressメディアのアップロード上限の変更方法ロリポップ&エックスサーバ

Wordpressのメディアアップロード上限を超えているとアップロードできない画面キャプチャ

ブログやサイト作成の定番のCMSと言えば満場一致で『Wordpress(ワードプレス)』でしょう!

このサイトももちろんWordpressで作っていますし、無数にあるプラグインと呼ばれるものを探してインストール&有効化するだけで、様々な機能を一瞬で導入する事ができたりとメリットが多いです。

そんなWordpressを使ってページを作っていると、画像や動画などをローカル環境からアップロードしていく際に、「アップロード上限」でアップできない事があります。

デフォルトでは1回(1個)のアップロード上限が20MBになっているので、画像は殆どの場合に問題ないですが、動画は20MBでは収まらない事が殆どなので標準設定のままだとアップロードはほぼ不可能です。

WordPressのメディアのアップロード上限を変更する方法について、レンタルサーバーが『ロリポップの場合』と『エックスサーバーの場合』の2パターンを( ..)φメモメモ

エックスサーバーはメディアアップロード上限の設定変更が簡単で、管理画面にログイン後

「PHP」の「php,ini設定」から対象のドメインを選択すると設定ページになるので、以下の「その他」項目の中の

・【memory_limit】
・【post_max_size】
・【upload_max_filesize】

を任意の値に変更して保存すればOKです。

注意点としては上記の容量は好きに変更して大丈夫ですが、「memory limit」が3つの数字のうちで一番大きくなるようにしましょう。

Wordpressのメディアアップロード上限を変更し、1000MBまでアップロード可能に変更した画面

WordPressのメディアアップロード上限の変更方法【ロリポップ編】

モジュール版PHPではphp.iniに書いても設定変更はできないので、以下の方法でメディアアップロードの上限を変更します。

ロリポップ管理画面にログインして、「サーバーの管理・設定」>「PHP設定」から対象ドメインの「設定」に進み、ページ下部の「php_value, php_flagを利用可能にする」をONにして「php.iniを設定する」で変更します。

ロリポップのphp iniの設定変更

その後、FTPソフトやロリポップFTPなどから、ルートディレクトリの「.htaccess」に以下を追記すれば完了です↓

FTPの.htaccessの場所

php_value memory_limit 128M
php_value upload_max_filesize 100M
php_value post_max_size 100M

こちらも容量は好きに変更して大丈夫ですが、「memory limit」が3つの数字のうちで一番大きくなるようにしましょう。

htaccess内の実際の記述内容

パターン➀:レンタルサーバによっては管理画面から簡単に変更可能

多くの人がレンタルサーバを利用していると思いますが、レンサバによっては管理画面からアップロード上限を簡単に変更する事ができるものもあります。

★ 例&参考頁

パターン➁:設定ファイル.iniを作ってメディアアップロード上限を設定する

サーバFTPからでも

パターン➂:hacccess.に書き込んでメディアアップロード上限を設定する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です