【GTM】Googleタグマネージャーの変数にページタイトルを表示する方法

Googleタグマネージャーのロゴ

最近様々なキャッシュサイトの改善にGTM(Googleタグマネージャー)が便利過ぎて色々研究中です。

今回はGTMで変数にページタイトルを追加する方法です。
GTMには元から組み込み変数が存在しますが、ページタイトルは有りませんよね。

GTMに存在する組み込み変数一覧にはページタイトルの変数は無い!

Googkeタグマネージャーに最初から設定されている組み込み変数は以下が全てですが、ご覧のように組み込み変数にはページタイトルは存在しません。

一応page URLは組み込み変数に存在するので代用は可能です。

【ページ関連の組み込み変数】

  • Page URL
  • Page Hostname
  • Page Path
  • Referrer

【ユーティリティ関連の組み込み変数】

  • Event
  • Environment Name
  • Container ID
  • Container Version
  • Random Number
  • HTML ID

【エラー関連の組み込み変数】

  • Error Message
  • Error URL
  • Error Line
  • Debug Mode

【クリック関連の組み込み変数】

  • Click Element
  • Click Classes
  • Click ID
  • Click Target
  • Click URL
  • Click Text

【フォーム関連の組み込み変数】

  • Form Element
  • Form Classes
  • Form ID
  • Form Target
  • Form URL
  • Form Text

【履歴関連の組み込み変数】

  • New History Fragment
  • Old History Fragment
  • New History State
  • Old History State
  • History Source

【動画関連の組み込み変数】

  • Video Provider
  • Video Status
  • Video URL
  • Video Title
  • Video Duration
  • Video Current Time
  • Video Percent
  • Video Visible

【スクロール関連の組み込み変数】

  • Scroll Depth Threshold
  • Scroll Depth Units
  • Scroll Direction

【可視性関連の組み込み変数】

  • Percent Visible
  • On-Screen Duration

例えば他のページでも解説しているページ毎のクリック数をGoogleアナリティクスにレポートする方法でも、ページ毎のクリック数を一覧にした時に「page url」でも確認は可能ですが、ページタイトルが表示されてくれた方が嬉しいです。

なので組み込み変数ではなく、「ユーザー定義変数」で自分でページタイトルが表示されるような変数を作成する必要があります。

ユーザー定義変数で自分でページタイトル用の変数を作成する

自分で「変数」⇒「ユーザー定義変数」⇒「新規」より自分でカスタム変数を定義します。

変数の種類は「カスタムjavascript」を選択し、以下の簡単なコードを記入すれば完了です。

function() {
var title = document.title;
return title;
}

そのまま変数名を適宜「ページタイトル」とでもして保存すれば、完了です。

簡単ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です